MainImage

2017.12.05更新

最近公刊された面会交流に関する裁判例(東京地裁立川支部平成28年2月5日判決)をご紹介します。
 本件では,調停離婚した元夫が,子の親権者となった元妻に対して,子との面会交流を認めないのは父子の面会交流権の侵害であり,不法行為であるとして損害賠償を求めて争いました。
 当時,元夫は,面会交流を求めて審判手続を申し立てており,第1審では,第三者機関立ち合いの下の面会交流の実施が命じられていたものの,元夫が即時抗告をしたため,審判は未確定のままという状態でした。
 そこで,面会交流審判未確定の段階でも元夫の面会交流権が侵害されたとして,損害賠償請求が認められるのか問題となりました。
 この点について,裁判所は,面会交流の審判が未確定であるうちは,面会交流権は,抽象的なものに過ぎないので,面会を認めないとしても元夫の権利を侵害するものではないと判断しました。
 この裁判例からすると面会交流権の侵害が認められるには,少なくとも合意,あるいは,確定した審判などによって,面会交流権が具体的な権利とならなければ,面会を拒否されたとしても不法行為は成立しないといえそうです。

 

 I am going to introduce a family case about visitation rights which was recently published (Tokyo District Court, Tachikawa branch, 2015 (Wa) 2420).
 In this case, an ex-husband filed a claim against his ex-wife for damage. The ex-husband asserted that his ex-wife had infringed his vitiation rights.
 Before the case, the ex-husband filed for visitation rights. In the first trial of the visitation rights case, the family court judged that the ex-husband had visitation rights under the conditions where he could meet his child in the presence of a third party. However, the ex-husband made an immediate appeal. Because of the appeal, the judgement of the first trial was still pending.
 In these situations, the issue was whether the ex-wife infringed the ex-husband’s visitation rights while the judgment of the visitation rights was still pending.
 The court concluded that the visitation rights, while the judgment of the case was still pending, were too abstract to judge that the rights were infringed.
 According to the case, it can be said that if a party demands damages for infringement of visitation rights, the judgment of the visitation rights must be established or at least there must be an agreement of visitation rights between the couple.

弁護士 藤井 直孝

 Naotaka Fujii

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

まずはお気軽にご相談ください
当事務所へご相談に来ていただくことが問題を解決する第一歩となります。
それぞれ注力分野の違う弁護士が最適な課題解決策をご提案します。
初回相談30分
5,000円(税抜)
まずはお気軽にご相談ください
注力分野の違う弁護士が最適な課題解決策をご提案します
初回相談30分 5,000円(税抜)
土屋総合法律事務所
  • 受付時間 9:30~18:00
  • 定休日 土日祝
  • 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目8番21号 第21中央ビル6階
  • footer_tel.png
  • footer_sp_tel.png
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
まずは お問い合わせください
お問い合わせ
弁護士ブログ お客様の声 よくある質問 よくあるご相談 裁判例と解説 裁判例と解説